【プレスリリース】スポーツ庁が推進するプロジェクト「Sport in Life」に参画決定!

投稿日:

「総合スポーツ」×「非認知能力開発」のサービス

21世紀型総合キッズスポーツスクール「biima sports

スポーツ庁が推進するプロジェクト「Sport in Life」参画決定!

 

株式会社biima(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田村恵彦)は、スポーツ庁の「Sport in Life」プロジェクトの参画企業として、2020年5月9日に認定されました。

当社が提供する21世紀型総合キッズスポーツスクール「biima sports(ビーマスポーツ)」のプログラムが、スポーツ実施率向上に向けた活動をしていると認められました。

今後も、全国80カ所以上のスクールやイベントを通して、より多くの子どもたちがスポーツを好きになってもらえるよう、たくさんの「学び」や「楽しさ」を提供し、子どもたちの心身の成長に貢献していきます。

 

「Sport in Life」公式サイトはこちら

 

■Sport in Lifeプロジェクトとは

スポーツ庁が2020年東京大会に向けて、一人でも多くの方にスポーツを楽しみ、スポーツを行うことが生活習慣の一部となるような社会を目指して、自治体・スポーツ団体・経済団体・企業等と連携しながら、国民のスポーツを促進するプロジェクトです。

 

■biima sportsのスポーツ実施率向上プロジェクト事例

biima sportsでは、スポーツ実施率向上プロジェクトとして、下記の取り組みを実施しています。

 

プロジェクト事例1:スポーツカードの活用

biima sportsのレッスンでは、その日に練習したことや頑張ってきてほしいことが書かれたスポーツカードを子どもたちに配布し、それらの課題をクリアしたらbiimaシールを貼り、お子様がレッスン以外でも楽しくスポーツができるように工夫をしています。シールは、「課題をクリアしたときのシール」「親子で練習したときのシール」「毎月の最終レッスンで行われるテストに合格したときのシール」の3種類があります。

 

プロジェクト事例2:親子イベント(biima sports parents)の開催

《パパとママがスポーツ科学の先生になる!「自宅や公園で子どもの運動神経を高める」親子教室》をコンセプトに、「足を速くする」「敏捷性・俊敏性を高める」「ボールを投げる・捕る」など様々なテーマで、親子で一緒に動きながら楽しく学べるイベントを毎月開催しています。イベントでの指導メソッドを持ち帰っていただき、イベント参加後も、ご自宅や公園で親子一緒にbiima sportsのレッスンを楽しんでいただけるようなプログラム内容となっております。

 

 

プロジェクト事例3:無料動画レッスン開始

biima sportsの教育プログラムを好きな時間にお子様と楽しめる動画レッスン「おうちでび〜ま」を期間限定で無料配信をしています。現在は、外で自由に運動ができないという状況ですが、ご自宅でご家族の皆さんで楽しんでいただけるプログラムを提供しています。

 

 

プロジェクト事例4:幼稚園・保育園に導入

全国の幼稚園や保育園、民間学童などの教育現場にも、より多くの子どもたちにスポーツを好きになってもらえるよう、biima sportsの21世紀型教育プログラムを提供しています

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です